古伝望診法「気流診」基礎編 | 東医技研

1/7

古伝望診法「気流診」基礎編

始原東洋医学基礎講座.pptx

¥8,000 税込

ダウンロード販売の商品
購入後にDL出来ます (66121バイト)

始原東洋医学を基とする望診の勉強会です。基礎編では望診の基本理論、気とはなにか?経絡とはなにか?実際の望診、切経のやり方などを勉強していきます。

気感を修得することで、気と経絡の動きをダイレクトに感知することが可能になります。
基本的な治療手順として、まず望診で気滞をみつけ、切経によって反応点(治療穴)を選定し、気滞を解消するための施術を行います。
施術は鍼灸、てい鍼、整体、指圧など自身の得意な技術を使ってかまいません。

また気感を修得するということは身体を自然律に合わせていくということにもなり、私たちはそれによって「生きる」という根源的なテーマに深い意味を持たせることができるようになると考えております。

ぜひ修得をめざしてください。

  • お支払い方法について

¥8,000 税込

最近チェックした商品
    その他の商品